コスメ、収納、インテリア、スポーツ観戦の感想など。
好きなことを好きなだけ。
色々。
ゆづるんのFSでショックを受けたり、男子FS時の氷自体に腹を立てたりしながら、なんとも苦い世界フィギュア男子を見終えてから早一週間。
いやー、本当に酷い氷だった。
てか、ISU規準に達してない大きさのリンクで、世界選手権みたいな超重要な大会やるなよ。
4回転が数回当たり前、リンク大きく使ってなんぼな男子の演技には、あまりにもリンクが小さかったですね。パトリック選手が壁にぶつかった時とか、もう本当に勘弁して欲しい、と怖くなりましたよ。

今期は、正直、女子ではさほど好きなプログラムがなかったので、男子中心で見てましたが、なんか後味悪い大会だったなあ。
それでも、その中で素晴らしい結果を出したハビエル・フェルナンデス選手の演技は、本当にお見事!
あのコンディションのリンクで、よくまああんな滑りが出来たものだと、心底尊敬します。他の選手はみんな氷の悪さ、リンクの狭さで力を出せなかったのにね。

羽生結弦の真骨頂が見られなかったのは本当に残念だったけれど(というかもう、最初の一蹴りからして、いつにない硬さが感じられて、見ているのが辛かった…)、ハビエルと一緒に、今は怪我を治すことを第一に考えて、ゆっくり休息を取ってもらいたいです。

素晴らしい演技をたくさん見せてくれた、本当に幸せなシーズンでした。
ゆづるん、本当に本当にお疲れ様!ありがとう!

真央ちゃんも、GPFの時のような悲壮感はなく、前を向ける終わり方だったと思うので、次のシーズンは、気負いなく、真央ちゃんが楽しく滑ることが出来るシーズンであることを、心から願ってます!

理華ちゃんは、丁寧な滑りと優雅な仕草を。
知子ちゃんは、もう少し大きく見える演技とジャンプを。

備えることが出来たら、もっともっと素晴らしい演技になるはず!

ショーマも、ジュニアの頃からずーっと、小さい身体で頑張ってきてるのを見てるので、今回見ててやっぱりちょっと辛かったけど、まだまだ先がある!
また色んな技術を身に付けて、来年もこの舞台で堂々と闘ってね!
楽しみに待ってる!

大好きなフィギュアスケートのシーズンは終わってしまったけれど、撮りためた映像を見ながら、次のシーズンを楽しみに待とうと思います。

全選手、本当にお疲れ様でした!
ありがとう!

 
0
    スポーツ観戦。 | 19:15 | comments(0)
    もうホントに泣けてきて困った。
    本当に、羽生結弦という選手は凄いな、と思いました。
    自分自身で作った大きな壁。
    一つミスをすれば、本来GOEがプラスされるところを、大きくマイナスされる可能性がある、超高難易度なプログラム構成。

    神様、誰よりも、勝ちたいと願って、ただひたすらに練習に打ち込んで頑張ってるゆづるんに、どうか温かい加護を。

    強く組んだ手で、そう祈りながら、目を瞑った彼を見て、大きく息を詰めて。

    …でも、始まるまでの心配なんて、いらなかった。
    そこには、美しくしなやかで、ジャンプ一つとっても何の気負いもなく流れの一つでしかないというように軽やかに、かつ、力強い演技で心を強く揺さぶる、王者の滑りがありました。

    なんで私泣いてんだろう、と、鼻水すすりながらただ魅入っていました。

    あー…。
    本当にすごいな。
    21歳の青年が、なんでここまで強い心で、自分自身と、己を取り巻くたくさんのものに、立ち向かえるんだろう。

    本当にこの人は、重圧をそのまま全て、発奮材料と変えていける、希有なメンタルを持っているんだろうな、とぼんやり考えたり。

    私の大好きな、美しいショパンの調べを、ここまでの芸術に昇華させた羽生選手に、心から感謝したい気持ちでいっぱいです。

    ああもう、本当にゆづるんファンでよかった!!!!!!


    いやだって、4回転サルコウ跳ぶのに、直前までターン入れて、降りたらすかさずイーグルだよ!? そのあとも4回転トゥーループ+3回転トゥーループもなんも予備動作なく跳んで、トリプルアクセル、後半に持ってきた上、やっぱ前後に演技構成入れてるんだよ!?
    ステップもスピンも到底並の難易度じゃないけど、本気で信じられないほどの鬼プログラムだよ!?
    …あんなにも激しく難しい入りで、あんなに軽々と美しいトリプルアクセル跳べるの、多分、ゆづるん一人だと思う…。

    しかも、全ての動作がきちんと音楽に合ってるんだよねー…。
    一つ一つの音を全て意味のあるものにしてる。

    もちろん演技力自体も、今の選手の中でずば抜けてるんだけど、音の拾い方、音に乗せたスケーティングが、本当に素晴らしいなといつも思いながら見てます。

    音楽に合わせて演技する、という意味では、日本ではやはり高橋大輔くんがダントツでしたが、羽生選手はタイプは違うものの、音の拾い方に関してはほぼ同等のレベルではないかな。

    大ちゃんは、音に合わせて踊る。ゆづるんは、音に合わせて演じる。
    という感じ。

    海外の現役選手だと、音を聞き、その音に合わせてスケートをする、という意味では、やはりパトリック・チャン選手。どちらかというと物語性を持たせた演技というよりは、バレエ寄りな演技をする選手ですが、音の拾い方、音に合わせたスケーティングは、やはり素晴らしいなと思いながら、今日見てました。
    鬼門のアクセルが、やはり鬼門になってしまったのが、残念でしたが。

    ハビエル・フェルナンデス選手も、きちんと音に合わせて演技することが上手い選手だと思うのですが、一つ一つの音を聴きながらスケーティングする、という意味では、羽生選手とチャン選手には、ほんの少し及ばないかなあ。

    あ、今回の大会には出られませんでしたが、アメリカのジェイソン・ブラウン選手も、音に対しての感性が鋭い選手だなーと思います。見たかった。残念。


    …いや、昨日部屋整理してたら、昔の楽譜出てきてね、なんか今日はやたら音との調和をメインに見てしまったのよ。はは。そこら辺考えると、やっぱ宇野選手はまだまだだなー。音に合わせてスケーティングが出来て、一つ一つの音に合わせてのステップが踏めるようになるには、まだもうちょっと時間がかかるかな。

    …とか、一応エレクトーン歴14年の人間は思ってました。
    エレクトーンはねー、両手両足使って弾くから、『音を合わせる』、という分野に関しては、結構得意なんだよー。4歳の頃から高校時代まで、ずっと習ってたの。あとは趣味で弾く程度だったけど。昔、ちょろっとドラムも叩いてたしね。(ほんのちょっとだけだけど)


    いやー。もう本当に感動した。

    最後の雄叫び、『見たかー!』って言ってるように見えたんだけど、どうかな。
    うん、でも、本当にすごかったよ!
    魂の篭もった、渾身のバラード第1番、大事に心にしまっておきます!


    …って、まだSP終わったばっかなんですけどね!

    極上の『SEIMEI』、期待してます。
    王者、羽生結弦。



    JUGEMテーマ:フィギュアスケート
    0
      スポーツ観戦。 | 13:15 | comments(0)
      2015.Grand Prix Final -Yuzuru HANYU-
      感動と興奮し過ぎて眠れないので、Youtubeの画像貼っておく。
      自分のため。


      2015.Grand Prix Final SP -Yuzuru Hanyu-




      2015.Grand Prix Final FS -Yuzuru Hanyu-




      2015.Grand Prix Final FS -Yuzuru Hanyu-
      キスクラで泣いちゃったゆづるんまでが入ってる方。




      ついでに、NHK杯の時のも。





      あーもー、本気で私、このプログラム大好きだ。
      2011-2012シーズンの、『ロミオ+ジュリエット』のプログラムが私の中での神プロだったけど、それに並ぶか、凌駕しちゃったかもしれない。


      てなわけで、2012年の世界選手権FSも入れてみたりする。

      うおーーーー!!!!
      少年ゆづるんが演じるからこその、迫力ロミオ!
      やっぱ大好きだー!!!



      ゆづるん、フォーエバー。
      方向性違うんだけど、ゆづるんがピアソラとか滑ったらどんな感じか、見てみたい気もする。


       
      0
        スポーツ観戦。 | 09:03 | comments(0)
        おととい見付けた面白いコメント。
        一昨日の朝、ライスト(Live Streaming)で男子SPを見て、「うおおおおおおおおおー!ゆづるん本気ですげーーーー!!!」と一人めっちゃテンション上がりつつ、時々覗くヤフコメをパラッと見ていたら、その中に、一つ、めっちゃツボったものがあった。
         
        2〜4位がスペインで「いい勝負だ〜自己ベストを更新、頑張れば勝てる!」という試合をしている中、1位が宇宙で一人で自分と勝負してる…。

        sdf*****さんという方のコメントでした。
        勝手に引用してごめんなさい。

        妹にも教えたら、案の定大爆笑してました。
        姉妹揃ってツボが同じ。


        基本、ヤフコメはあまり品が良くない言葉や気分が悪くなるような言葉が並んでいるので、あまり細かくチェックはしませんが、素晴らしい記録が出た時などは、おめでとう、凄いね、的なコメントの方が大多数なので、時々チェックしてます。喜びは分かち合いたい。

        ウチの家族全員フィギュア好きで、羽生選手のファンだけど。

        やたらと羽生選手をdisりたがる極一部の大ちゃんオタは大嫌いですが、大ちゃんも織田くんも小塚くんも大好きですよ!もちろん、村上くんもショーマもね!
        ショーマ台乗りおめでとう!よかったねー!!!

        いやあ、大ちゃんいなくなっちゃってやっぱり寂しかったけど、ゆづるんの想像を遙かに超えた活躍はもちろんのこと、ショーマやソータくんもまだまだいけると思うし、これからも楽しみ!

        日本男子フィギュアの未来は明るい!

        女子も、知子ちゃんや理華ちゃんに続いて、真凛ちゃんという逸材も出てきたことだし、こちらもこちらで、楽しみだねー!



        ちなみに、ゆづるん、という愛称は、ゆづるくん、を縮めて勝手に私が命名したものです。
        ファンの方は大抵、ゆづ、とかゆづくん、とか呼んでますよね。
        でも、ゆづるんの方が呼びやすいよ、多分。

         
        続きを読む >>
        0
          スポーツ観戦。 | 07:38 | comments(0)
          歴史の証人になることが出来た幸せ。
          羽生結弦選手、本当におめでとうございます。
          あなたが現役で滑っているところを、まさにリアルで見ることが出来る今が、とてつもないほどに幸せだと、心から思います。
          心から、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

          SP 110.95
          FS 219.48

          合計 330.43

          あなたがジュニア選手だった頃、こんな点数が出ることを、想像したこともありませんでした。
          あなたがこんなとてつもない得点を出す選手になるとは、あの頃は想像したこともありませんでした。

          300点超えというだけでも凄いのに、330点超えで、SP・FS共に世界最高得点、世界記録更新。
          本当に、言葉も出ません。

          ただただ演技に見入って、涙がこらえきれませんでした。
          本当にすごい演技でした。
          あなたは、最高のアスリートだと思います。

          ショパンの曲が持つ世界を体現したような、SPの『バラード第一番』。
          まるで安倍晴明が乗り移ったかのような、鬼気迫るFS『SEIMEI』。

          この超難易度プログラムを、両方ノーミスで演じるということが、どれだけ大変なことなのか、それは見ている私達にも分かります。

          今までは、その余りの難易度の高さに、ノーミスで滑ることはとても難しかった、羽生選手のプログラム。

          NHK杯で言っていた、『血の滲むような練習』、『血の滲むような努力』。

          クワド・サルコウに苦心していた昨年までが嘘のように、羽が生えたかのような美しいジャンプに昇華させ、トゥーループに至っては、4-3のコンビネーションは今期、初めて実践のプログラムに組み込んだとは思えないほどの完成度と美しさ。

          本当に、想像が付かないほどの努力と練習を積み重ねて、やっと、それが報われたのだと思うと、本当に涙が止まりません。

          この選手は、本当にどこまで行ってしまうんだろう。
          とてつもない数字が並ぶプロトコルを眺めて、ぼんやりと考えてしまいます。

          けれど、これだけすごいことを成し遂げても、それで満足するような羽生選手ではない。
          だからこそ、応援したくなる。

          現行のルールが変わらない限り、あなたの持つ世界記録を破ることが出来るのは、あなた自身だけでしょう。
          そうしてあなたはきっと、それに挑んでくるはず。


          もうこれ以上頑張らなくていいよ。
          そんなに身体を酷使しなくていいよ。

          きっと、羽生選手のファンは、心のどこかで思っているはず。

          それと同時に。

          次は、一体どんなものを見せてくれるんだろう。

          そう、ワクワクと胸を躍らせているファンも、多いはず。

          このプログラムをオリンピックで見たかった。
          この、和の世界を体現した、美しくも雅で、鬼気迫るプログラムを、一番の大舞台で披露して欲しかった。

          なんで、来年オリンピックないんだろう…!

          そう思ってしまうけれど、でもきっと、羽生選手なら、そんなことも吹き飛ばすくらいに、きっとすごいものをまた、見せてくれるはず!


          すぐに全日本選手権が迫っているけれど、それが終われば世界選手権まで少し休息は取れますね。
          どうか、身体だけは本当に大切にして、これからも、最高の演技で、私達ファンを魅了して下さい…!


          Yuzuru HANYU is NO.1 !!!!!


          ゆづるん、大好きだーーーーーー!!!!!!!


           
          0
            スポーツ観戦。 | 07:06 | comments(0)
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            RECENT COMMENT
            PROFILE
            モバイル
            banner