コスメ、収納、インテリア、スポーツ観戦の感想など。
好きなことを好きなだけ。
IKEAでおかいもの。
先日の2日。
GW中とはいえ、一応平日だから大丈夫だろう、と思ってIKEAに行ってきたんですが、混んでた…。
まあ、土日とは比べるべくもないですが。
(休日のイケアはまさしく芋洗い状態。絶対行きたくない)

GW終わってからでもいいかなあ、とも思っていたんですが、両親が、ちょうど祖母の所にちょっと届け物だけしてくるというので、「じゃあ連れてってー!」と、途中の道なのをいいことに降ろしてもらい、帰りに拾ってもらいました。



40分ほどしか時間がなかったので、決めてあった物だけ、さくさく手に取って買い物してきました。
今月誕生月のため、500円クーポンも使えるということもあって、ヘーゼルナッツチョコを5枚買い込んできました。家族にも、分けましたよ。

月に一回くらいのペースでイケアには買い物に行ってますが、『RISATORP』の白いバスケットは割と売り切れてることが多いので、買えて嬉しい!


それぞれ、どこでどんな風に使うかは、また後日の記事で!


JUGEMテーマ:今日のお買い物
0
    インテリア。 | 13:47 | comments(0)
    24年間も現役だった、愛用冷蔵庫。…と、新しい子のおはなし。
    高校一年の4月、入学してすぐにバイトを始めた私は、毎月結構な時間をバイトに費やしていたので、割と小金持ちでした。折しも反抗期。一々干渉されるのは嫌、という年頃だったこともあり、自分の部屋で出来ることは自分の部屋でしたい、ということから、初任給(バイトでもこういう言い方するのか?しないか?)でテレビを買い、翌月はこの冷蔵庫を買いました。


    その頃住んでいた自宅は持ち家で、建て替えてから…うーんと、まだ4年くらい?
    私の自室は二階。部屋を出てすぐのところにトイレもあったし、学校終わったらバイトして、帰ってきたらテレビでスポーツ中継とか見ながら飲み物飲んで、お菓子食べて、みたいな生活してましたよ。

    よく遊びに行くこともあって、あの頃は、そんなに家にいなかった記憶があるけど。
    中学の頃からインテリアに興味を持っていて、インテリア関係の本を買ったり、カーテンや布団カバー、こたつカバーなんかは自分で好きな布を買ってきて自作したりもしてました。

    エレガント調 → カントリー調 → モノトーン+赤 →と来て、引っ越し直前の頃は、黒いパイプ棚やコンクリートブロックを使った、無骨なインテリアを作っていたような気がします。

    色々あって引っ越しをしたあとも、この冷蔵庫くんは一切壊れる様子もなく、去年の夏に買い替えるまで、ずーっと私の愛用家電でした。
    かなりの大酒飲みでもあったので、冷凍庫の中にはズブロッカ(薬草を漬け込んだウォッカ)を常備してたり、カクテル各種作れる材料を入れてたりねー。

    この写真は、夏インテリアに変えてる時の、ほぼ最終段階に近い時に撮ったもの。

    我が家のキッチンにある冷蔵庫も18年選手と、かなり長いこと活躍していたのですが、とうとう冷凍庫があまり冷却してくれず、入れておいたアイスが溶けているという故障状態に陥ったので、もうこれは買い時だろう、と買い物に行った際、私の部屋のも買え、と半ば強制的に買い換えが決定し、中身を全部出して翌日には電器屋さんに持っていってもらう状態で撮ったものだったかと。

    まあね、小さいパーソナル冷蔵庫とはいえ、あまりにも古すぎる。
    この古めかしい感じが、逆にインテリアには馴染んでる気がして結構気に入ってたんだけど、「電気代がかかりすぎる」という至極ごもっともな意見には逆らえず…



    実際には、こんな風に置いてました。
    なにしろ古い代物、冷凍庫は自動霜取り機能など付いておらず、上に直接物は置けない。(水が溜まるのでカビる)
    なので、百均で買った滑り止めシートを貼り付けた合板を置いて、その上に物を置き、大昔に自由が丘だったか代官山だったかのアジアンインテリアショップで買ったすだれを垂らしておりましたよ。


    そして、この子の代わりに私の部屋へやってきたのは、この子です。


    2016.05月時点での現行品より、一個前の型。
    現行品だと白がありません。
    一番需要ありそうな色だと思うんだけど、そうでもないのかなあ…?

    ちなみに、さすがに中は綺麗です!
    たくさん入るし、霜取りもしなくていい!



    中は、殆ど飲み物とチョコなどの食べ物、美容ドリンク。
    あとは、割と高熱出すのが珍しくない、むしろ通常運転な私には欠かせない「冷えピタ」。
    冷凍庫にも「アイスノン」が二個入ってます。替えが必要なので、絶対に二個いるの。喘息持ち、発熱体質などのこともあり、普通の人なら「家族と同居してんのになんで部屋に冷蔵庫必要なの?」と思われるでしょうが、ある意味私には「必須アイテム」なのがこの冷蔵庫です。

    具合悪い時にわざわざ下の冷蔵庫まで取りに行きたくないし、ウチはそんなに買い置きとかせず大きい冷蔵庫ではないので、私のそういった物を入れるほどの余裕もないのです。

    ふらふらーっとしてると、親にも妹にも、「ちゃんと冷蔵庫に水とかポカリとか入ってる?」と聞かれてしまいます。はい。
    冷蔵庫と加湿器は必須な私。
    丈夫な身体に生まれたかった。
    …いや、喘息はある意味自業自得だけど…。
    (かつては一日二箱空けるヘビースモーカーでした。29歳の時、ひどい気管支炎にかかったあと、慢性的な喘息になってしまったため、割と生死に関わる問題なので当然やめましたけど)

    しかし、キレーでシンプルな白の冷蔵庫は、今流行?なのか?な、塩系インテリアとか、シンプルイズベストな部屋を作りたい人にはいいのでしょうが、私には、ものたりなーい。
    ってことで、今、こんなです。



    ネットで拾った海に関する画像をプリントアウトして、黄色っぽいメンディングテープを、わざと切り口を乱雑になるように適当に千切って、ペタペタと貼り付けてあります。
    左上のBEACH PARTYのポスター的なものは、こちらも、安い茶葉の紅茶でワザと汚して一部を破り、ユーズド感を出しております。

    昔、あくまでシンプルな白を基調とした部屋も作ったことがありますが、私はちょっと崩したくらいの方が居心地がいいみたい。

    長年使ってきた冷蔵庫とさよならするのは、正直すごく寂しかったけど(こういう性格だから物持ちがいい)、これはこれで、やはり新しく使いやすいし、自分なりにアレンジもして気に入ってます。

    この冷蔵庫くんとも、長くお付き合いしたいものです。
    パナさん、たのむよー。


    JUGEMテーマ:インテリアデザイン
    0
      インテリア。 | 23:34 | comments(0)
      6畳の部屋を快適にするために、高さは排除。
      前述の記事で書いた、部屋の家具を見直し、高さを排除するということ。
      元々、部屋に置いてあるものは、ほぼ前の家から持ってきたものです。

      北側の窓(図面下)は、いわゆる腰高窓。
      ここに、コミックサイズの薄い本棚、600幅、900高のものを二つ購入しただけ。
      マンガ大好きなので、マンガ収納が一番場所を取るので、これはどうしても欲しかった。

      で、ベッドとローテーブルを前年に新調した話は別記事で書きましたが、この時の模様替えで、持ってきたもののほぼ全てを変更しましたよ。

      A:多目的本棚(W900×D250×H1400) …購入時期;18年程前
      薬・CD・DVD・文庫本・マンガ・ゲームソフト・携帯ゲーム本体、周辺機器・その他
      →処分。

      B:ウッドラック(W900×D450×H1800) …購入時期;18年程前
      雑貨ディプレイ・CDラジカセ・各ストック物・ファブリック関係・小説資料用各カタログ・ゲーム機(PS2)・他
      →ぶった切る。
      H1100ほどのところで、4つの支柱部分をカット。(父に電動のこぎりで切って貰いました)

      C:
      1.ミニ本棚(W450×D175×H900)
       …購入時期;15年程前
      辞書・PCゲームソフト・PS2ソフト・変形版コミック
      →処分

      2.カラーボックス(W450×D300×H900) …購入時期;6年程前
      コスメ・メイク関連。外出時に持っていく財布等の小物類を入れておくカゴを上に設置。焦げ茶に染めた布張りにしていた。
      →ニトリのA3用・白のものに買い替え。W420×D300×H1070。

      D:冷蔵庫(W480×D500×H1000くらい) …購入時期;24年前
      高校一年の頃にバイト代で買った想い出の冷蔵庫。
      →新しい機種に買い替え。
      (これは思い入れがありすぎるので、別記事でまた)

      E:CDラック(W170×D460×H1200くらい) …購入時期;18年程前
      奥行きの深い引き出しが7段重なった大容量CDラック。CDの他、初代PSのソフト
      →処分

      F:収納ボックス(W370×D260×H230)×2 …購入時期;15年程前
      バンタン製、スナック等の買い置き
      →クローゼット内に移動

      …のような感じですよ。
      A・Bの本棚の高さをなくした分、他に収納力のあるものへ変更する必要があり、それを暫くあれこれ模索しておりました。

      でも、やっぱり高さをなくすと部屋がすっきり広く見えます。
      …物が多すぎるので、余計に圧迫感はない方がいいですね。



      JUGEMテーマ:インテリアデザイン
      0
        インテリア。 | 20:59 | comments(0)
        部屋の、根本的コンセプト変更にあたって、まず最初にしたこと。
        んーと、前に模様替えのキッカケがこのポスターだという記事を書きました。

        それまでは紫や赤を差し色に使い、焦げ茶っぽいものや自然素材のものを多く使った、完璧にアジアンリゾート風な部屋でした。家族や遊びに来た友人にも、「リゾートホテルだね…」と言われてましたよ。

        天蓋も、色違いの紫の、ジョーゼットとオーガンジーを重ねてました。色んなものを自分で染めたりね。(ジョーゼットも好みの色がなかったので、白のジョーゼットを買ってきて自分で染めた)

        うーん、写真を一枚も撮ってなかったのが悔やまれる。

        ただ、ポスターを作って置いてみると、雰囲気が違うわけですよ。
        これは暖色系の部屋じゃないな。寒色系、もしくはナチュラル系だな。ということで、夏だということも相まって、若干の暑苦しさを感じていたこともあったので、思い切って色変更をすることに。

        夏だし海好きだし、やっぱ青かな。
        青なら、確か前にも青系インテリアしてた時のマルチカバーなんかも、確か捨てずに持ってきていたはず!

        そうして、じゃあファブリックや小物を変えるか、と決めた際に気になった、もう一つの問題。

        ちょっと部屋が重苦しい…?



        この図面の中のAの本棚は、W=900、奥行き250。高さが1400。
        真ん中の棚板以外、全て可動棚で、カラーボックス収納に使う、クォーターサイズ(260×180×120)のバスケットもピッタリ収まり、ものすごーく、収納としては便利だったんです。

        でも、私の身長は172cm。高さが140cmある棚だと、目線の辺りまで高さがあると、そこそこの圧迫感がある。
        ベッドが、桐のすのこベッドの上に直接マットレスを敷く、ロータイプなので尚更。

        そして、Bのウッドラックは、幅900、奥行き450。高さが1800。
        もうとりあえずデカい。

        引っ越し前、物をがっつり捨てる前はものすごく色んな物を詰め込んで布で隠してある、収納力第一のラックを、見た目重視で、色々と飾っていたのですが、それでもやっぱり圧迫感。

        図面見て頂ければ分かるように、東側の上げ下げ窓も隠れてしまっているので、部屋も暗い。
        (私の部屋は北向きです)

        なので、思い切って高さを排除することにしました。

        細かいことは、次の記事で。


        JUGEMテーマ:インテリアデザイン
        0
          インテリア。 | 18:03 | comments(0)
          引っ越し当時の想い出と、当時のレイアウト。
          CADではなく、とあるネットの間取り作成サイトで作った、前の家と今の家の、二階部分の間取りでございます。

          私の部屋は両方共6畳。
          クローゼットが0.75畳から1.5畳分に変更になったくらい。
          まあ、仕事部屋に置いてあった物や、両親の部屋のWICに置いてあった物も、全部自分の部屋に置かなくてはならなくなったので、色々捨てる物も多かったです。



          私の部屋は右下。
          捨てた物も多かったけれど、家具はベッド以外、全て同じものを持っていきました。

          この部屋の頃の写真、ベッドに背を預けた状態でのものが一枚だけあったので、とりあえず。

          なんだか懐かしい!

          ノートパソコンも一個前のPRECISION。WindowsXP搭載の、かなり古い機種。

          正面のテレビ台は、現在本当に傷だらけで、一度塗装剥がしてステインからやり直そうかなーとかも考えていますが、この時から既に傷だらけ(笑)
          ブラウン管のテレビを使っていた時代、模様替えをするたび、新しいデッキを買って配線をし直すたび、色々危険なことになっていたため、本気で満身創痍な可哀想な子です。
          でも、収納力もあってデザインも好きなので、多分一生使うと思う。
          バリ直輸入の店で、確か5万くらいで買ったような。

          今も使ってますが、18年くらい前に買ったもの。左のヤシが乗ってるボックスは、初期の配置図に出てくる収納ボックスです。左にちょろっと見えるウッドラックも未だ現役。テーブルの上に乗ってる箱は、カルトナージュで一から自作したもの。形は少々歪んでるものの丈夫に作ったので、これも、なんだかんだと今も、クローゼット内で使ってます。


          そして新居。

          かなーり変形な部屋なのですが、私が持ってるものを全て収めるには、この部屋が一番いいなーと、図面で色々レイアウトしていて思ったので、ワガママ言ってこの部屋もらいました。

          クローゼット二箇所の変形部屋なので、まあ、自由度は低いんですが。
          小さいクローゼットには、両親の寝具や過去の想い出品なども納めておくので、私が全部使えるわけではありません。ただ、私の部屋、大きいクローゼットの方が下がり壁になっていて、他の二部屋より収納力が低いので、ある程度は使わせて貰ってます。
          …一番、物持ってるのも私ですしね…(基本的にオタク体質なので)

          本気で物が多いので、どこに何を置いて何を納めるのか、持ってるもの全部のサイズを測って、ひたすらCADで図面描いては、いるものといらないものの選別を繰り返し、最終的なレイアウトは、クローゼットの中も、クローゼット内のラック内も全て図面にして打ち出しておいたので、引っ越し当日の夜には、段ボール一つ残っておらず、完璧に部屋作りが完成してました。

          うん、我ながらすごかった。

          引っ越しの翌々日、お祝いに来てくれた友人も、「…なんで引っ越し直後でこんな片付いてんの?」と驚き、「うちの家の収納もやってー」と言われました。
          これでも一応、中学の頃からのインテリア好きでもって、図面描きなんだぞ。えっへん。と威張っておきました。

          ちなみに父も、引っ越し前、図面描いて色々レイアウトしてました。
          …つまり、これって図面描きのサガなんですね…。

          便利な特技があってよかったです。






          我が家が今の家に越してきたのは、2013年の12月。
          …まー色々あって暫く借家生活してたんですが、家を買うだけの環境がなんとか整ったので、ネットで探してみてと言われたのが同年9月末。
          その日に、当時住んでた家の側にマンションを見付けて見に行ったのですが…

          …生まれてこの方、ごくごく僅かな自宅建て直しの間にアパートに住んでた以外は、戸建住宅でしか生活したことのない私と妹にとって、マンションって狭いなー…と…。
          玄関狭いし窓少ないから暗いし団地間だから全体的に狭いし…

          あー…マンションってやっぱこうなるのかー…と思っていたら、案内して下さっていた不動産屋の方が、まだ住んでらっしゃるけれど売り家となっている戸建物件を思い出して下さったので、急遽お邪魔させて頂くことに。

          そこの担当様によると、買う気でいた方はいらっしゃったようですが、ローンが下りなかったとかで、契約ならず。
          その日に速攻決定、契約しました!

          9月末に契約、ローンの審査待ちすること暫く、引っ越しは12月と決定。

          家探しを始めた初日に契約、二ヶ月後に引っ越し。
          今から考えても、ものすっげー急ピッチの引っ越しでしたよ。

          結構長いこと住んでたので借家もそこそこ愛着は湧いてましたが、自分の家じゃないというのは、やっぱねー…。

          新居は、築9年の中古ながら、なかなか綺麗な3LDK。
          33坪ほどで広いとは言えないけど、水回りが大変狭くて使いにくかった前の家に比べると、洗面所もお風呂も広くて綺麗ー!
          土地自体が狭いので、二階の部屋はそれぞれ6畳+1畳分のクローゼットが3室と、以前に比べれば狭いけど、2階にもトイレがあるし快適。

          ただ、前の家は、両親の部屋が7.5畳+WIC3畳あるし、玄関にも一畳分のクローゼットがあって収納だけはたくさんあったので、引っ越しの際にかなり色んな物を処分しました。

          図面描いて何をどこに置くか散々悩んで必要最低限の物だけ買ったりして。

          本当に、ものすっごいバッタバタの二ヶ月弱でした。



          JUGEMテーマ:インテリアデザイン
          0
            インテリア。 | 17:37 | comments(0)