コスメ、収納、インテリア、スポーツ観戦の感想など。
好きなことを好きなだけ。
<< 6畳の部屋を快適にするために、高さは排除。 | main | そして、紫主体のアジアン部屋から、青を使った海辺リゾート風へ変更。 >>
24年間も現役だった、愛用冷蔵庫。…と、新しい子のおはなし。
高校一年の4月、入学してすぐにバイトを始めた私は、毎月結構な時間をバイトに費やしていたので、割と小金持ちでした。折しも反抗期。一々干渉されるのは嫌、という年頃だったこともあり、自分の部屋で出来ることは自分の部屋でしたい、ということから、初任給(バイトでもこういう言い方するのか?しないか?)でテレビを買い、翌月はこの冷蔵庫を買いました。


その頃住んでいた自宅は持ち家で、建て替えてから…うーんと、まだ4年くらい?
私の自室は二階。部屋を出てすぐのところにトイレもあったし、学校終わったらバイトして、帰ってきたらテレビでスポーツ中継とか見ながら飲み物飲んで、お菓子食べて、みたいな生活してましたよ。

よく遊びに行くこともあって、あの頃は、そんなに家にいなかった記憶があるけど。
中学の頃からインテリアに興味を持っていて、インテリア関係の本を買ったり、カーテンや布団カバー、こたつカバーなんかは自分で好きな布を買ってきて自作したりもしてました。

エレガント調 → カントリー調 → モノトーン+赤 →と来て、引っ越し直前の頃は、黒いパイプ棚やコンクリートブロックを使った、無骨なインテリアを作っていたような気がします。

色々あって引っ越しをしたあとも、この冷蔵庫くんは一切壊れる様子もなく、去年の夏に買い替えるまで、ずーっと私の愛用家電でした。
かなりの大酒飲みでもあったので、冷凍庫の中にはズブロッカ(薬草を漬け込んだウォッカ)を常備してたり、カクテル各種作れる材料を入れてたりねー。

この写真は、夏インテリアに変えてる時の、ほぼ最終段階に近い時に撮ったもの。

我が家のキッチンにある冷蔵庫も18年選手と、かなり長いこと活躍していたのですが、とうとう冷凍庫があまり冷却してくれず、入れておいたアイスが溶けているという故障状態に陥ったので、もうこれは買い時だろう、と買い物に行った際、私の部屋のも買え、と半ば強制的に買い換えが決定し、中身を全部出して翌日には電器屋さんに持っていってもらう状態で撮ったものだったかと。

まあね、小さいパーソナル冷蔵庫とはいえ、あまりにも古すぎる。
この古めかしい感じが、逆にインテリアには馴染んでる気がして結構気に入ってたんだけど、「電気代がかかりすぎる」という至極ごもっともな意見には逆らえず…



実際には、こんな風に置いてました。
なにしろ古い代物、冷凍庫は自動霜取り機能など付いておらず、上に直接物は置けない。(水が溜まるのでカビる)
なので、百均で買った滑り止めシートを貼り付けた合板を置いて、その上に物を置き、大昔に自由が丘だったか代官山だったかのアジアンインテリアショップで買ったすだれを垂らしておりましたよ。


そして、この子の代わりに私の部屋へやってきたのは、この子です。


2016.05月時点での現行品より、一個前の型。
現行品だと白がありません。
一番需要ありそうな色だと思うんだけど、そうでもないのかなあ…?

ちなみに、さすがに中は綺麗です!
たくさん入るし、霜取りもしなくていい!



中は、殆ど飲み物とチョコなどの食べ物、美容ドリンク。
あとは、割と高熱出すのが珍しくない、むしろ通常運転な私には欠かせない「冷えピタ」。
冷凍庫にも「アイスノン」が二個入ってます。替えが必要なので、絶対に二個いるの。喘息持ち、発熱体質などのこともあり、普通の人なら「家族と同居してんのになんで部屋に冷蔵庫必要なの?」と思われるでしょうが、ある意味私には「必須アイテム」なのがこの冷蔵庫です。

具合悪い時にわざわざ下の冷蔵庫まで取りに行きたくないし、ウチはそんなに買い置きとかせず大きい冷蔵庫ではないので、私のそういった物を入れるほどの余裕もないのです。

ふらふらーっとしてると、親にも妹にも、「ちゃんと冷蔵庫に水とかポカリとか入ってる?」と聞かれてしまいます。はい。
冷蔵庫と加湿器は必須な私。
丈夫な身体に生まれたかった。
…いや、喘息はある意味自業自得だけど…。
(かつては一日二箱空けるヘビースモーカーでした。29歳の時、ひどい気管支炎にかかったあと、慢性的な喘息になってしまったため、割と生死に関わる問題なので当然やめましたけど)

しかし、キレーでシンプルな白の冷蔵庫は、今流行?なのか?な、塩系インテリアとか、シンプルイズベストな部屋を作りたい人にはいいのでしょうが、私には、ものたりなーい。
ってことで、今、こんなです。



ネットで拾った海に関する画像をプリントアウトして、黄色っぽいメンディングテープを、わざと切り口を乱雑になるように適当に千切って、ペタペタと貼り付けてあります。
左上のBEACH PARTYのポスター的なものは、こちらも、安い茶葉の紅茶でワザと汚して一部を破り、ユーズド感を出しております。

昔、あくまでシンプルな白を基調とした部屋も作ったことがありますが、私はちょっと崩したくらいの方が居心地がいいみたい。

長年使ってきた冷蔵庫とさよならするのは、正直すごく寂しかったけど(こういう性格だから物持ちがいい)、これはこれで、やはり新しく使いやすいし、自分なりにアレンジもして気に入ってます。

この冷蔵庫くんとも、長くお付き合いしたいものです。
パナさん、たのむよー。


JUGEMテーマ:インテリアデザイン
0
    インテリア。 | 23:34 | comments(0)
    コメント

    コメントする









    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    PROFILE
    モバイル
    banner